検索
  • nsawa-saraca

【2nd制作その40】日本でのCD販売【ようやく決定】

最終更新: 6月24日



日本国内でのCD販売の日程は、6月17日(水)に決まりました。


タワーレコードからの購入

amazon.jpからの購入

diskunionからの購入

ここまで来るのには、長い道程を歩まざるを得ませんでした。

当初は、配信とCDが2月に同時発売予定でしたが、製造が遅れ、3月中旬に変更されるも、届いたCDにはレーベルのロゴが無いという印刷ミスが....

そこで、再度プレスし、発売は4月に延期という流れに。

しかし、コロナウィルスの影響で、輸入が遅れ、更には、緊急事態宣言により、お店も閉まってしまい、発売日を5月のGW明けに再延期。

そして、ようやくレーベルのロゴの入った商品が届き、発売日も確認できたところで、宣伝をしました。

しかし、タイミング悪いことに、その翌日に、「商品の複製方法に問題があることが発覚した」と、日本の流通会社から連絡が入りました。

流通会社もコロナウィルスの影響で、検品がうまく進んでいなかったようでした。

海外からの直輸入でご購入いただいた方もいらっしゃいますが、CDプレイヤーによっては再生されなかったりする事があったようです。ご迷惑をおかけしました。


結果としては、再度プレスし、GW明けの発売日も延期する事に。

そして、その再々プレスがようやく、6月17日(水)に発売予定という訳です。

3回もプレスした訳ですが、今回で最終となる事を祈ります。


話には聞いていましたが、海外の会社との連絡や作業は、なかなか予定通りに進まないもので、疲れてしまいましたが、最近は慣れてきました。

なかなか連絡来ないけど、進んでいないようで進んでいたり、やはり、こちらから確認しないと進まなかったり、勝手に進んでしまっていたり......。

海外での生活を送っていたn'sawa-saracaのメンバーの井上さんtsによれば、海外ではそれがスタンダードなんだとか。


日本だと仕事の結果は、ほぼ確実かも知れませんが、お互い、緊張感や責任感に疲れる事になる。

海外は、その辺りは、大らかかも知れませんが、不確実な結果に疲れる事になる。

どちらにしても疲れるということでしょうか。


というわけで、今回のプレスが最終となる事を祈りつつ、改めて写真で紹介します。

目白のレストラン、マックスキャロットの坪井マスターが描いた、素敵な絵画とのコラボレーション。

飾りたくなるような、素晴らしいデザイン。


現代は配信の時代なので、CDを購入する人は少ないのかな?と思っていましたが、意外とCDが良いという方も多く、今回のCDの発売を待って下さっている方もいらっしゃいます。


物としてCDを持つ事はもはや現代の発想では無いかも知れませんが、このCDに限っては、物として、愛着の湧く品物だと思います。


タワーレコードからの購入


amazon.jpからの購入


diskunionからの購入



紹介VTR ↓



0回の閲覧