top of page
検索
  • 執筆者の写真nsawa-saraca

ブラジリアン "urubu" コネクション





Jobim VS Verocai


Antonio Carlos Jobim「Urubu」はとっても素敵なアルバム!

朝に聴くと、1日がエレガントになる気がしてならない。


そして、「ブラジル」 & 「urubu」というキーワードで繋がってくるのが、


Arthur Verocai「No voo do Urubu」


こちらも、かなりエレガントではあるけれど、それ以上に神秘的。


どちらにしてもこの2枚のurubuは名盤すぎる。


Jobim「Urubu」は1976年

Verocai「No voo do Urubu」は2016年


Jobimのurubuは、40年後にVerocaiへ引き渡され、まだ飛び続けているのだろうか?

閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page