検索
  • nsawa-saraca

Raphael Sebbag (special thanks)


I was influenced by album 「Jazzin'」U.F.O(United Future Organization)

mr. Raphael Sebbag is member of U.F.O.

I asked him the French narration on "kagerou"

I am really glad that he participated for n'sawa-saraca.

listen:「Kagerou(feat : Raphael Sebbag)」 n'sawa-saraca

-------------------------

 U.F.O(United Future Organization)のアルバム「Jazzin'」をはじめて聴いたのは、僕が学生の時で、とても衝撃を受けました。20年前の話です 。  「なんて格好良くて、粋でお洒落なんだろう」と。  英語だけでなく、フランス語も入っていて、日本人2人にフランス人が一人混じっていて・・・。  ローファイでダーク&スモーキーな雰囲気を持ちながら、新しい雰囲気の音楽を聴いているような・・・。  そして、これらのサウンドがジャズのレコードのサンプリングを活用して出来ていると知って、さらに驚きました。  ジャズピアノを始めて1,2年の自分にとっては、プレーヤー志向だったこともあり、色々と考えさせられるものがありました。  それ以来、このアルバムは、僕の中で影響を受けたアルバムとして、今でも愛聴しています。  そして「何か新しくて格好良い音楽が作りたい」と思うと、このアルバムが頭の片隅をよぎるのです。  ところで、今回のn'sawa-saraca"forest dance"を作成するにあたって、仮ミックス音源をこれから仕上げて、作品として何とか世に出そうと思っていた、ちょうど昨年の今頃。  liveを観に来てくれた友達から、思いがけない意見をもらいました。 「liveは良かったけど、何かが足りない。メンバーに黒人が混じってたりして、フランス語でラップするとか、そういうテイストを入れたら良いんじゃないか?」  最初は「面白いこと言うなあ」なんて思っていたのだけど、確かにそんな気も・・・・「試しに、フランス映画の会話でもミックスして聴いてみようかな」 。  実は、フランスの映画監督クロード・ルルーシュの20年来の大ファンでありまして、作品を手に入れら れるものは入れられる限り集めています。  その中から、やはり代表作「男と女」より、トランティニャンとアヌークエーメの会話をサンプリングして、n'sawa-saracaの仮ミックスの曲にかぶせて聴いてみると、直感的に「おお!これだ!」と。 「やっぱり僕のサウンドには、フランス語はハマるんだな~」などと、勝手に確信したところで、こうなったら実際にフランス語をかぶせるしかない。さてどうしよう か。  そこで、パーカッションで参加してくれたnello君に相談したところ、なんと、フランス出身のRaphael Sebbagさんとも仕事しているというじゃないですか。  あのU.F.O(United Future Organization)の、「Jazzin'」のRaphael Sebbagさん!  Raphaelさんにフランス語をかぶせてもらったとしたら、どんなに嬉しいことか。  ダメ元で打診してみよう。  まずは100%の理想から。 「とりあえず、サウンドを聴いてもらって、もし気に入ってもらえたら、お願いします」と。  気に入ってもらえなければ仕方ない・・・・結果、引き受けていただけました。  実際にお会いして、色々お話しして、「Jazzin'」の影響を受けたことや、n'sawa-saracaのアルバムのコンセプトなど、お伝えしました。  僕が英語で詩を書いて、Raphaelさんにフランス語訳をしてもらうというやり取りをメールで交わした後、レコーディングスタジオへ。  とっても素敵な雰囲気でフランス語を語っていただきました。  この語りが有ると無いでは、全然印象が違います。

試聴「Kagerou(feat : Raphael Sebbag)」 n'sawa-saraca

 衝撃と影響を受けた方に参加していただけて嬉しいです。  Raphaelさん、本当にありがとうございました!

#nsawasaraca #raphaelsebbag

0回の閲覧