検索
  • nsawa-saraca

【2nd制作その5】今感じる単体マシンの魅力


私は殆どテレビを見ないので、テレビを前提とした会話にはついていけず、いまだに苦労することもありますが、最近はむしろ若い世代がテレビから離れているようにも思います。テレビが無いといってもそれほど珍しがられる事でもなくなったようです。そうやって価値観は変わっていくのですね。

自分からはテレビを見ることはないのですが、先日、家族から「最近はアナログレコードの売上げが上がっているというTVの記事があった」と教えてもらいました。何と、アイドルグループAKB48もアナログ盤を出しているんだとか。 レコードプレーヤーも、USB端子が付いたものがあって、PCやスマホやデジタル音楽プレイヤーにも取り込めるものが好評なんだそうです。

ひと昔、大量のCDが全てMP3ファイルに入るから、もうCD(物体)はいらない、というのが、デジタル音楽プレイヤーの売りだったわけですが、その後に来たこの現象は、わざわざ、かさばる物を割高の値段で買って、わざわざ物を増やして、その後わざわざデータ変換して、携帯型デジタル音楽プレイヤーに入れて外に持ち出して聴くということをやり始めているのです。

綺麗な写真が撮れるスマホを持っていながら、わざわざフィルム代を払って、ポラロイドカメラで写真を撮るのが流行っているというのと同じ現象ですね。

スマホの中で何でも処理出来てしまう事が当たり前になると、今度は単体の機械に魅力を感じてしまうという事なのでしょうか。つまり、手を動かす手間のかかる感じが味があって新鮮で楽しいと。

何とも人間は贅沢で、欲望は尽きること無いということですね。

音楽製作でも、プラグインソフト等の便利さが当たり前になると、今度は、わざわざ単体マシンを使うことがリッチ、というのが今の感覚なのではないでしょうか?

そんな時代の空気を意識した訳ではないのですが、今回のn'sawa-saracaの作品製作にあたっては、単体マシンをいくつか使おうと思っていました。その中の一つ、ボコーダーRoland SVC-350。YMOも使用していた素晴らしい機材です。

実は故障中のまま何年も経ってしまっていたのですが、かろうじて音が出せる音域で試しに音を出してみたら、本当に良かった。やはり、アナログ単体マシン独特のマイルドで立体感のある質感があった。

プラグインソフトに比べたら、ノイズはあるし、そもそも故障中だったのに、なぜ魅力を感じてしまうのでしょうか?人間の感覚は言葉や理論では説明できないですね。

というわけで、このRoland SVC-350をレコーディングで使用するために、修理に出しました。

良い状態に復活してくれる事を祈っています。

そして、新しい作品では、このボコーダーの魅力を引き出して、特徴づけたいと思っています。

#ボコーダー #SVC350

50回の閲覧

最新記事

すべて表示

お守りの言葉 ーアインシュタインの名言ー

「偉人名言集」の中に、普段、口には出さないけれども、心の中で密かに思っていたような事が、書かれていたりするのを発見すると、その人物にとても親しみが湧くし、救われたり、助けられたり、励まされたような気分になることがあります。 そんな時は、ついつい「自分=偉人」と思い上がってしまいそうになりますが・・・・ 偉人は偉業を成し遂げたから偉人なのであって、たまたま同じマインドを持っていたからと言って、自分が